気軽に相談できる宮崎の社労士なら
9:00 〜 18:00( ​土・日・祝休み)

契約期間を定める場合は?

労働基準法第14条
「労働契約は、期間の定めのないものを除き、一定の事業の完了に必要な期間を定めるもののほかは、3年(次の➀又は➁のいずれかに該当する労働契約にあっては5年)を超える期間について締結してはならない。」
➀専門的な知識、技術又は経験であって高度のものとして厚生労働大臣が定める基準に該当する専門的知識等を有する労働者。
➁満60歳以上の労働者との間に締結される労働契約

つまり、
・期間の定めがなければ、定年まで働けるので契約期間がある訳ではない。
・建設現場などの工期が定められている場合は、その工期が終わるまで働ける。
・上記2つ以外については、原則、1回の期間契約が3年まで。
・ただし、➀又は➁の場合は、1回の期間契約が5年まで。
ということになります。

※労働契約の期間を3年(5年)を超える期間を定める労働契約をした場合は、労働基準法違反となり、3年の契約期間をしたものとされます。